これほどハゲで悩む時代が過去にあった事か…

抜け毛に愕然とする男性

ハゲに悩む男性には、M字ハゲで悩んでいる方も多いでしょう。M字ハゲとはなんなのでしょうか。男性の薄毛の種類には、頭頂部の毛が少なくなってくるO字ハゲ、おでこが後退してくるA型、U型、そして、剃り込み状にどんどん広がってくるM字ハゲがあります。

 

女性の場合の薄毛は頭頂部に起こることが多く、O字型が多いです。M字ハゲとは、いわゆる男性型脱毛症、AGAの典型的な症例なのです。日本人よりも、欧米などの方がM字ハゲは多いと言われています。では、M字ハゲとはどういった原因で引き起こされるものなのでしょうか。

 

AGAはテストステロンという男性ホルモンが、毛乳頭にある2型5α-リダクターゼという還元酵素と結びついて、ジヒドロテストステロンという、脱毛作用のある男性ホルモンになってしまうために起こります。生え際には2型5α-リダクターゼが多いので、まずそこからはげてきます。そしてそれが進んでいくと、M字型になります。

 

悩ましいのは、M字ハゲとは、改善しにくい薄毛だということです。その原因は、はっきりしていませんが、一説には生え際の毛周期が他より長いからではないかと言われています。また、M字ハゲとは生活習慣から起こるのではないかとも言われています。その主なものは喫煙、ストレス、睡眠不足です。そして、M字ハゲとは一気に進行するハゲであるとも言われています。少し額の両脇が上がってきたと感じたら、すぐにでも育毛を始めたほうが良いでしょう。

M字ハゲの最終手段・自毛植毛

自毛植毛の説明を受ける男性

M字ハゲを治す最終手段ともいえるのが自毛植毛です。自毛植毛とは、側頭部や、後頭部の毛を、毛包も含んでM字ハゲの部分に移植する手術です。この側頭部や後頭部は、M字ハゲの原因である生え際部分とは違い、男性ホルモンの影響を受けにくいので、植毛した毛はずっと生え続けます。

 

自毛植毛は、自分自身の身体の組織を使うので拒絶反応もありません。自毛植毛を行うには、専門のクリニックに行かなければなりません。外科手術になりますので、選ぶ際には症例の多いクリニック、腕のいい医師がいるクリニックなどを探すのが良いでしょう。植毛クリニック探しはこちらがお勧めです⇒自毛植毛費用.net【大手3院を比較してみた!】

 

自毛植毛手術の方式もいくつかあります。毛穴単位で植毛し、メスを使うけれども定着率は高く、大量植毛にも成功しているFUT法、メスを使わずパンチと呼ばれる器具でくり抜いていくFUE法、頭皮ごと移植するフラップ法、そして切らずにできるロボットを使ったロボット植毛などです。それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

現在主流なのはFUT法です。色々調べて、自分にあった方法を探してみましょう。M字ハゲの最終手段といえる自毛植毛ですが、デメリットもあります。一つには、植毛した部分以外の部分が薄くなって来た時に違和感が出てしまうということがあります。せっかく植毛したのにM字ハゲが進行してしまったら、とても不自然な髪型になりそうです。

 

また、傷跡が残ってしまうかもしれないということもあります。傷が残らないように処置してくれるクリニックがほとんどですが、絶対に残らないとは言えません。安易に植毛に走らず、きちんと考え、カウンセリングも受けて決めましょう。

M字ハゲに自毛植毛するなら

ルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニックは湘南美容外科がプロデュースを行っているAGA、薄毛治療を行う専門病院です。現時点で全国で19ものクリニックを展開しているのが特徴となっています。ほとんどは東京に集中しており、関東地方以外ではあまり見られません。しかし北海道、東北、関西、中部、中国、九州地区にはクリニックがありますので、大都市近郊にお住まいの方なら利用することができるかもしれません。

 

薬を使った薄毛の治療を行っており、育毛メソセラピーといった育毛も手がけています。成長因子を注入するメソセラピーでは、その性質上、痛みを感じることも珍しくはありません。しかしルネッサンスクリニックでは無痛を謳っており、痛みは避けたいという方に向いているのではないでしょうか。

 

ARTAS植毛と呼ばれている、ロボットを使った自毛植毛を行っているのも特徴となっています。植毛を行う場合は毛のサンプルを採取する必要がありますが、その際に頭皮を切る必要はありません。機械が、髪の毛がどのように生えているかを分析するので、痛みを感じることなく採取が可能であるとされています。植毛を検討しているという方はルネッサンスクリニックという名前を覚えておいて損はないのではないでしょうか。

 

近年では女性が薄毛に悩まされることも珍しくはありません。女性の薄毛についても対応を行っているのが特徴となっています。治療費が高額になる場合はゼロ金利の医療ローンを組むプランもあるようです。